JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
2017.12.14 Thursday

Merry Christmas in Hawaii!

訪れる度に胸ときめくハワイ!
しかも今回は12月!そうクリスマスシーズン真っ最中のハワイです。
ハワイの人々は1年の中でクリスマスというイベントをとても大切にしているので、街中が華やかなクリスマス仕様にデコレーションされています。
特にホテルの装飾は各ホテル共、力を入れており、それぞれ特徴があるのでこの時期はホテル巡りをしてみるのも楽しいです。
早速ですが、クリスマスのハワイホテル模様を少しお届けしたいと思います♪
 
■ハレクラニ
 
ハレクラニは、気品ある空間はそのままに、
ホテルの温かみと上品さを感じるクリスマスデコレーションが館内に施されています。
 
 
【いつもの白を基調にした空間がクリスマス仕様に!】
  
■ロイヤルハワイアン
 
ピンクパレスのクリスマスは、もちろんピンク仕様!
華やかな雰囲気の中、穏やかな時間が流れていました。
 
 
【いつでも絵になるピンクの外観】

 

 
【チェックインデスクの装飾も華やかです】


■トランプインターナショナル
 
トランプは白やゴールドを基調にしたお洒落で高級感溢れる雰囲気のクリスマスツリーが印象的です。
 
 
【ホテルロビーは6階にあります】
 


【洗練されたクリスマス感漂うロビー】
 
 
■ワイキキパーク
 
ハレクラニの姉妹ホテルである、ワイキキパーク。
モダンなロビーには、プレゼントの装飾と共に大きなクリスマスツリーが!
 
 
【普段真ん中にあるソファーの代わりに、王様の椅子(?)が期間限定で登場中!】
 
 
■アウトリガーリーフ
 
ハワイの歴史や文化を大事にしているリーフホテル。
カヌーのオブジェの中には、沢山のプレゼントが!
 
 
【リーフならではのクリスマスデコレーション!】
 
 
■アロヒラニリゾート
 
元「パシフィックビーチ」ホテルが、お洒落なホテルに大変身!
まるで北欧の雪の世界のような、シンプルで美しいクリスマスツリーが幻想的です。
 
 
【シンプルで広く美しいロビー】
  
少しクリスマスハワイの番外編になりますが、最近ハワイでもインスタ映えのお洒落なブティックホテルが続々とオープンしています。
その中でも特にハワイアンエイトが注目している、フォトジェニックホテルを2つご紹介したいと思います!
 
.供Ε機璽侫献礇奪ホテル&スイムクラブ
 
フォトジェニックホテルブームの流れをいち早く生み出したホテルが、免税店すぐの好立地「ザ・サーフジャックホテル&スイムクラブ」
 
思わず写真を撮りたくなってしまう、ロゴが可愛いプールや、有名なアロハシャツブランド「トリ・リチャード」のファブリックが使われている客室や、ホテル内併設のセレクトショップ「Olive & Oliver」のホットコーヒーの紙コップのデザインも目が離せません!
 


【ショップ内にはオリジナルロゴグッズも販売しています】
 


【この紙コップ片手に皆、写真を撮るのです】
 
 
▲供Ε譽ぅ蹈ΑΕートフラフ・コレクション
 
元「ワイキキアクアウェーブ」ホテルがレトロでキュートなスタイリッシュホテルに大変身!
女子心をくすぐる淡いピンク×モンステラの可愛らしい壁に、オシャレなデザインの客室をはじめ、フロントに飾られているレトロなハワイアンドール(しかも今はよく見るとクリスマス仕様に!)など、遊び心がホテル内に溢れています。
場所も話題のインターナショナルマーケットプレイスに隣接という好立地です。
 


【お部屋自体がフォトジェニックポイント!】
 


【よく見るとフロントのドアもプレゼント柄に・・!】
  
常に進化が止まらないハワイ。
しかし新しいものが続々とオープンしていく中、変わらないものも沢山あります。
変わらないものを大切にしつつ、常に新しい発見がある、そんなハワイだからこそ、誰もがまた行きたくなって、戻りたくなるのかもしれません。
そんなハワイの魅力をこれからも、沢山の方に伝えていきたいと思います。
 


【アラモアナショッピングセンターにもサンタが登場!】
 


【ハレクラニのリースの下で】
 
 
西 恵実

2017.04.27 Thursday

ハワイ島メリーモナーク添乗記

2年ぶりにお客様とハワイ島ヒロで行われるフラダンスの祭典、メリーモナークの鑑賞に行って来ました。
2年前と同じお客様から光栄にもまたご指名を頂き、今回は新しく加わった2名のお客様と計5名での旅となりました。
滞在は、コーヒーでブレークした“カウ”にある、ハワイアン8カフェ村の素敵なプランテーションコテージ。4ベッドルームにリビングと1200坪の敷地の広々とした場所は長閑な雰囲気と重なって日頃の忙しさを忙殺できる素敵な滞在先です。

 

【カウコーヒーファクトリーにて】

 


朝と夜食は手作りの食事。美味しく頂き、みな様も大喜び。午前中から夕方にかけては今回、新しい試みでハワイ島ヒロ在住のカリスマネイチャーガイドのKUMIKO HASEGAWAさんにキラウエアを2日に渡って案内してもらいました。キラウエアと言っても広大な国立公園ですので、KUMIKOさんのツアーはたくさんのハワイ固有の植物や鳥、火山、海ななどのハワイ本来の美しい自然にフォーカスを当てた今までにないツアーでした。

 

【kumiko hasegawaさんのネイチャーツアー キラウエアにて】

 

その知識とトークには圧倒され、またお願いしたいと思える素晴らしい内容にみなさま感動でした。

 


メリーモナークは今回も水曜日のホイケとクラフトフェアの訪問から始まり、木曜日はミスアロハ、金曜日はカヒコ、土曜日はアウアナと表彰式でした。
さすが本場だけあって、ステージで踊るハラウの人たちの表現力とオーラには感動です。
また、この大会の素晴らしいのは観に来ている観客の盛り上がり方。各ステージの始まりと終了には拍手喝采と大きな歓声とスタンディングオベーション。

 

【メリーモナーク】


この雰囲気を見るだけでも気分が高揚します。来場者はそれぞれ、アロハやムームーでここぞとばかりにオシャレをし、会場を華やかにします。
フラダンスやハワイが好きな方々は、ぜひ機会があればご覧ください。

 

【メリーモナークにて】


また、KUMIKO HASEGAWAさんのネイチャーツアーは同じくフラダンスやハワイが好きな方には是非いつか参加していただきたいたいと思います。そのガイド力やハワイ本来の別の素晴らしさを教えてくれます。
ワイキキのあるオアフ島も良いですが、ハワイ島の自然とガイドはハワイがもっと美しく素晴らしく、愛すべきリゾートだと実感する良い機会になると確信しています。
 

 

【ハワイ島 プウ・ホ・オナウナウ国立歴史遺跡】
 

 

山田 高広

2017.03.03 Friday

ハワイのホスポタリティー、ツーリズムなどを学ぶ研修ツアー添乗報告

ハワイに行って来ました。大学の研修ツアーの添乗です。

 

【パールハーバー】


ハワイには、“アロハスピリッツ”という言葉があるようにハワイならではのホスポタリティーを学ぶ場所がたくさんあります。
また、ハワイ最大の産業の一つである観光業もたくさんの事が学べる場所があります。
今回は、JSTのネットワークでウエディング会社、ラジオ局、情報出版会社、現地旅行会社やオプショナルツアー会社などの方々から講義を受けたり、実際に参加したりして、将来の自分たちの進むべき道を探せたり、何かきっかけをつかむのに最適な研修ツアーを学校と企画し行って来ました。

 

 

【BYUの学生と交流】

 

【ポリネシア文化センター】

 

 

【教会視察】

 

【ラジオ出演】


もう5年目になりますが、現地の方々はいつ暖かく出迎えてくれ忙しい時間の合間をぬって学生たちにレクチャーをしてくれました。

 

 

【ハワイで活躍する女性の講義】

 

私自身、30年ほど前にハワイでガイドなどを3年間に渡りしていた経験がありますが、ハワイは日本とは深い繋がりがあり観光業に携わる方々の素晴らしい経験を聞くのは学生たちにも新鮮でいい機会だったと思います。


また、レクチャーの中で頂いた言葉の一つに“明日の自分を作るのは今日の自分”という言葉は、学生には新鮮だったと思います。

 

また、学生たちが滞在したのがコンドミニアムの「アストンワイキキサンセット」の25階以上の夜景が見える部屋。1ベッドルーム(寝室が一つとリビングルームにフルキッチン付きのマンション形式のホテルです。)
ワイキキにあるので外食もOKだし、スーパーに行って食材を買い出しして部屋で作ったりと、学生には一番最適な滞在方法だと思います。

 

【ワイキキサンセットでBBQ】


部屋からは宝石を散りばめたような美しい夜景がリビングルームとベッドルームに広がるのは思い出に強く残ります。
まるで合宿しながら美しい夜景を見ているような感じです。

 

 

研修途中の夕方から食材を買い出して全員でBBQをしたり出来るのもホテルには無い素晴らしい事です。
ハワイのスーパーマーケットは行くと楽しいです。その時期の旬な果物や野菜、日本では見かけ無い食材や雑貨、サプリメントなどもありさながらスーパーマーケットのデパートです。

 

ツアーの自由行動日には、オアフ島の人気スポットの一つ、カイルアに行きラニカイのピロウボックス(Lanikai Pillowbox)に登り絶景を眺めたりモケズでパンケーキを食べたりして、楽しいひと時を過ごして帰って来ました。

ハワイはパックツアーで行くのが約7〜8割を占めますが、こういった学生時代にしか出来ない研修ツアーは貴重な体験となり将来の人間形成にきっと役に立つと思います。

 

【パーティー】

 

【クアロア牧場体験】

 

 

山田 高広

 

 

2016.09.02 Friday

帰国報告 奇跡の旅 in ハワイ   

8月23日より女性医療ネットワークの皆様とハワイ島に行って来ました。
目的は、ハワイ島の北にあるワイメアにある病院見学。

 


その病院は、North Kohala Community Hospital 。この病院は、心臓のペースメーカーを世界で初めて開発した医学界のビルゲイツと言われている“アール・バッケン氏“が個人の資産を投じて作った病院が始まり。
東洋医学と西洋医学がミックスされた“ブレンデッド・メデシン(Blended Medecine)”総合医療として、ハワイ島の住民からだけでなく世界中の医学界からも注目される素晴らしい病院です。

 


治療はにはハワイのロミロミマッサージもあり、患者さんの精神的な部分からも支えています。入院時に最初に決めるのは「部屋に飾る絵」を決める事。
ハワイで病院を訪問するのは珍しいので、今後に役立つ事と思います。

 

 

ハワイ島は岐阜県と同じ大きさのハワイ諸島では一番新しい島。通称“ビッグアイランド”4200mのマウナケアとマウナロアを挟んで西と東に分かれています。最初に2泊はマウナラニリゾート。

 

 

東急グループが開発に携わったとして有名ですが、5つ★ホテルが2つと、コンドミニアムが3つ、素晴らしいゴルフコース2つ、5面のテニスコートやスパ、ショッピングセンターなどハワイを代表するリゾートの一つです。
夕日が素晴らしく、海も亀が泳いでいたりシュノーケルには最適。リゾートの滞在は“何か”を改めて考えさせられる素晴らしい場所です。

 

【マウナラニの美しいサンセット】


次に2泊したのが、JSTハワイアンエイトでもお馴染みで東海岸のカウ地区(オバマ大統領が就任式典の晩さん会で出した“カウコーヒー”で一躍有名に)にある“ハワイアンエイトカフェ村”。ここのコテージを2つに分かれて宿泊。長閑なハワイ島を満喫です。

 


ハワイアンエイトカフェ村があるカウ地区のパハラでは、カウコーヒーミルでコーヒー畑や工場を見学したり、深夜のブラックサンドビーチでウミガメを見たり、キラウエア火山に観光したりして過ごし、最終日の夜はコテージのオーナー特製の“世界一のBBQ”.
パハラで採った薪を使った本格的なBBQで食べるスペアリブは絶品!です。

 

【コーヒー畑】

 

【キラウエア火山】

 

【オーナー特製の“世界一のBBQ”】


参加された皆様は、感動。その後、ウクレレの演奏でフラを踊ったり、歌を歌って深夜まで楽しい余興が続きました。
翌朝の皆様は少々お疲れモードでしたが、楽しい思い出にになったと言って頂き、感謝の日々でした。お客様の感動する表情を見るのが添乗員の醍醐味だと改めて感じました。

 

 

最後の3泊はオアフ島へ。
1泊目はイリカイにあるTHE MODERN HONOLULUという5つ星のモダンコンテンポラリーなホテル。極上です。

 


ホテルのプールには砂浜もあるし、夕方からは素敵な演奏や光などの演出もありワイキキの今までのホテルとは違ったコンセプトのホテルです。

 


1階にある創作日本料理の「モリモト・ワイキキ」も美味しい。一度は、ワイキキを離れモダンホノルルに足を延ばしてみては。レストランだけでもいいし、宿泊するときっとまたハワイが好きになると思います。

 

後半2泊はアストンワイキキサンセットの33階の部屋。部屋からの眺めは本当に最高でリビングで寛ぎ、寝室で熟睡でき気持ちよく目覚めるハワイが体験出来ます。
ワイキキサンセットの夜景はマノアの美しい夜景が観れ、たまに虹も観れる時があります。

 


眺めが最高だし、部屋も広いしコストパフォーマンスは素晴らしい。
ハワイのホテルは部屋からの風景は大事だと思います。

 

最後に最新のNEWSを。
ワイキキの中心、インターナショナル・マーケットプレイスが8月25日にオ−プン。
ハワイ初のレストラン、サックス・フィフス・アベニューの高級デパートやセレクトショップなどワイキキの新しい顔が出来ました。観光客の特に夕方から夜の流れはココです。

 

ノースショアのタートルベイリゾートのオーシャンフロントにハワイ・リージョナル・キュイジーヌの元祖、「ロイズ・タートルベイ」が出来ました。

 

 

 

 

カジュアルな雰囲気に手の込んだ料理は最高です。JSTハワイアンエイトでは、ノースショアのオリジナル専用観光ツアーにこのロイズを組み入れたツアーをアレンジ出来ますよ。ガーリックシュリンプだけでなく、ロイズ・タートルベイでのランチはこれからのトレンドになります。

 

以上、ハワイ最新レポートでした。

 

山田 高広

2016.04.19 Tuesday

ハワイ出張報告

ハワイのコンベンションセンターで開催された第一回ハワイ州政府観光局主催の「ハワイサミット2016」に出席してきました。
ハワイでは現地の方々と話をし、新しく取り入れるオプショナルツアーやホテルの情報などを今後皆様に提供して行きたいと思います。

新しいホテルの情報としては、6月オープン予定の「リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチ」と5月オープン予定の「フォーシーズンズ・リゾート・コオリナ」です。

リッツカールトンレジデンスは、ワイキキの中心、カラカウア通りとクヒオ通りに跨って立つ2つの建物とからなる超高級コンドミニアムです。


【リッツカールトンレジデンス】

今回オープンするのは1号館のみで、ハネムーン用のスタジオルームから1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームまであります。階数によりお部屋の値段も違って来ます。



目の前には、“ラグジュアリーロウ”という高級ブランドの入ったブティック街やハワイ初進出の食のセレクトショップ「DEAN&DELUCA」があるので、滞在も楽しそうです。
お部屋も高級志向で海が良く見えますので、眺めとラグジュアリーならココです。

フォーシーズンズはコオリナに出来ます。すでにアウラニがありますが、フォーシーズンズはその隣に出来ます。以前はJWマリオットだったのを全面改装してフォーシーズンズのテイストに全て変更しています。部屋も50屬らでベランダも広く、ここに来たら是非オーシャンフロントに宿泊してほしいと思います。






【フォーシーズンズ】

レストランもミシュランレストランで修業を積んだシェフが日本から来ており、“食”も楽しめるようになっています。
ワイキキとの組み合わせのツアーは今後、トレンドになると思います。

最後に、ハワイのホテル選びは高級志向とスタンダード志向と分けれますが、JST所有のワイキキサンセット25階以上の部屋はどちらの方々にもお勧めの万能型SUVのようなホテルです。高層階からの眺め、部屋の広さ、料金などバランスが取れて一人〜ハネムーン、家族まで対応できるのは中々ありません。


【ワイキキサンセット海側34階からの眺め】

ハワイは今、変化が来ているリゾートです。その変化に対応するべくハワイ専門店ならではのサービスと情報、素敵なツアーを提供して行きます。

山田 高広
 
2015.12.04 Friday

ハワイ出張

11月22日から9日間でハワイ島、マウイ島、カウアイ島とオアフ島に視察及びミィーティングとお客様との合流に行って来ました。

ハワイ島はヒロです。4月にもメリーモナークに行きましたが、今回はお客様がヒーリングの勉強で先に行かれていたので夕食だけ合流しました。
夕食はダウンタウンにあるLe Magic Pan. クレープがとても美味しい店です。
ハワイ島はコナ側(西側)が観光客には有名ですが、ヒロ側(東側)も見どころたくさんの魅力いっぱいの場所です。



次の日はヒロからマウイへ。カフルイ空港から一路、カパルアリゾートへ。ハワイの中では総合点数NO.1のリゾートです。離島はマウイのカパルアが特にオススメです。





一流のホテル、コンドミニアムとともにPGAのチャンピショシップコース2コースがあり、テニスコート完備。また、ゴルフスクールお近年オススメです。



宿泊はワイレアにある素敵なホテル「ホテルワイレア・ルレシャトー」。スィートタイプの客室はエレガント。
ハネムーンなどに特にお勧めしたいです。レストランも好評です。

カウアイ島では、雰囲気抜群の街、ハナレイやカパアに行き、ポイプのグランドハイアットに宿泊。リゾートホテルではのんびりと過ごしながら観光を1日入れるのがいいと思います。カウアイ島は映画ジュラシックパークなどのロケ地でも有名ですが、ハワイ最古の島だけあって街並みが素敵です。


【ハナレイ湾】


【グランドハイアットホテルからの眺め】


【ワイメア渓谷】

オアフ島では、お客様といっしょにサンクスギビングデーを楽しんだりレストランにご案内したりして、また1年で一番のセールのブラックフライデーを楽しんで来ました。




【ワイキキサンセット オーシャンビューからの眺め】

ハワイは何度行っても新しい発見があり、最高のリゾートです。今後は色んなツアーを提供するべく乞うご期待下さい!

山田 高広
 
2015.04.20 Monday

第52回メリーモナークフェスティバル 観戦ツアー 添乗記

今年で52回目を迎えるフラダンスの祭典、メリーモナークフェスティバル。
ハワイ第二の都市、ヒロで毎年行われハワイ州がフラに沸き返る時です。
そのメリーモナークを観戦するツアーをJSTでアレンジし4名のお客様限定でごいっしょさせて頂きました。
飛行期はJAL. 滞在先はヒロから南へ車で1時間のカウ地区にある“パハラ”です。
カウ地区はコーヒー栽培で近年目覚ましい注目をあびる場所で、過去にオバマ大統領が就任式典の晩餐会にカウコーヒーを使った事でもちょっとした話題になりました。
そのパハラにある、通称ハワイアンエイトカフェ村のコテージに滞在しました。



コテージは最大6名まで泊まれます。日本式ペンションです。このコテージには心強い日本人の管理人の方が滞在中お世話してくれます。朝食や夜食は手作りで美味しくアットホームです。みんなで合宿するような感じです。
1200坪の広大な敷地ですので、お庭でBBQをしたり地元の人たちと交流したり、フラダンスを踊ったりすればワイキキのホテル滞在には無いハワイ島の長閑でオハナなステイが可能です。


【滞在先のハワイ島パハラのハワイアンエイトカフェ村】

メリーモナークは毎年イースター(キリスと復活祭)の1周後に行われています。今年は4月8日がホイケ(発表会)で、9日ミスアロハ、10日カヒコ、11日アウアナでした。夕方6時からロイヤルコート(カラカウア王、プリンセスカイウラニ女王のそっくりさんの入場)から始まり祭典のスタートです。



ミスアロハは個人種目でカヒコ(古典フラ)とアウアナ(現代フラ)、カヒコ、アウアナはそれぞれは男女のハラウが競い合います。



どれも日本では中々見れない迫力と美しさがあり、さすが本場ハワイです。フラはハワイの人々の心を表現し、鼓動でもあると言われています。まさにその表現がピッタリの祭典です。


【メリーモナークのカヒコ男性】

また有名なハワイのミュージシャンやクムがほぼ集結します。
ハラウのバックバンドはそのミュージシャンたちです。音楽好きにもたまらない大会ですね。隣の会場では朝9時〜夕方5時までクラフトフェアが行われ伝統工芸のレッスンを受けられたり(予約制)、ラウハラ、レイ、イプ、アロハシャツやムームーなどが購入出来ます。




会場に来場される方々の衣装も素敵なんです。ラウハラ帽にレイを飾ったりカラフルなムームードレスや個性的なファッションは米国ハワイの方々ならではです。この方々を見てるだけでも、気分が盛り上がります。本当に素晴らしい伝統のある大会で、フラダンスを習っている方は是非一度ご覧になれるといいですね。

その他、ハワイ島ではヒロ側(東側)の主な観光スポットを訪れました。ハワイ唯一の世界遺産『ボルケーノ国立公園(キラウエア)』は地球の鼓動が聞こえそうなくらい迫力ある火口やコバルトブルーの海に沿って出来た溶岩の跡。
一度、ヒロの帰りに夜の星空とハレマウマウ火口からの炎を見に行ったのですが、それは感動的でした。目映いばかりの星空と目の前にある赤い炎と煙は時間があれば是非見に行って下さい。


【真夜中のキラウエアの火口】

ヒロの街は、個性的なお店があります。アロハやムームーで大人気のシグゼーン、どれを食べても美味しいカフェペスト、セレクトショップのハナホウ、ファーマーズマーケットなどは是非訪れてほしい場所たちです。


【カウコーヒーミル】




また、ヒロが本店の有名店“ビッグアイランドキャンディーズ”はここにしかない定番ショートブレッドクッキーもたくさんありますので、お土産に最適ですね。
このようにハワイ島での滞在はワイキキとは違う“ハワイ”が感じれますので、よりハワイが好きになります。



山田 高広
2015.03.10 Tuesday

ハワイスタディーツアー 添乗

3月2日より大学のハワイスタディーツアーの添乗で8日間ワイキキに滞在して来ました。



滞在中には、ハワイ大学の学生たちと交流したり、ハワイの歴史が学べるビショップ博物館に行ったりしてハワイを観光しながら違った角度から学びました。
特にビショップ博物館は、ハワイの歴史が学べるだけでなく、10名以上だと文化体験として、フラダンスやクラフト(ククイナッツを使ったチョーカー作り)を体験出来ます。皆、初めての体験で最初は戸惑いながら段々と慣れてきて楽しんでいました。

また、ハワイ大学では日本文化に興味がる学生さんたち約50名と交流しました。ハワイ大学はハワイの総合州立大学です。日本に大変興味のある学生さんはすでに、日本語を話す方も居て日本に何度も来てるくらい、日本が好きだそうで、なんだか嬉しくなりました。
交流会では、日本からの学生たちはそれぞれ日本の文化についてプレゼンテーションを行いました。ひな祭り、こどもの日、七夕やアニメなど昔からの風習や今の若者の興味など、非常に素晴らしい体験でした。
終わった後も、ほとんどの学生が帰らずに日本語や英語で名残おしんでいました。



ハワイの今行われているプロジェクトについても少し書きたいと思います。
モノレールがオアフ島に出来ます。アラモナアから西のエバまで伸びるプロジェクトです。これが出来ると東から西へ便利になりますね。

その周りにも新たな建物など開発が進行中です。ワイキキでは、インターナショナルマーケットプレイスが取り壊され工事中です。まだまだ時間はかかりそうですが、どのようになるのか楽しみです。

もう一つの目玉は今年の6月にノースショアのハレイワに出来る『Haleiwa Town Lots』です。マツモトシェイブアイスやその西側にデリ、コーヒーハウス、テディーズビガーバーガーなどが出来ます。ちょっとした街になります。
ノースショアを観光する半日のオリジナルツアーを行いますのでご期待下さい。

最後に、今回の学生さんたちが滞在したのがコンドミニアムのアストンワイキキサンセットです。





すべて25階以上の夜景が美しいイルミネーションビューの1ベッドルームスィートでした。皆さんはお部屋の滞在中夜遅くまで部屋で話し合ったりして、合宿のように非常に楽しんでいました。
学生さんの滞在にはコンドミニアムが最適だと思います。部屋で料理したり夜景を見ながら今日1日体験した事を話したりして過ごすのは本当に楽しい事だと学生さんも言っていました。部屋からの眺めも最高だったそうです。
滞在中、私の部屋でホームパーティーをしました。ドン・キホーテで食材を買ってきて皆で作って本当に楽しいひと時を過ごしました。





ワイキキサンセットは学生のゼミ旅行や研修旅行に最適だと思いました。
良い思い出を作ってさしあげるお手伝いが出来て良かったです。

山田 高広
2015.03.09 Monday

魅力再発見!ハワイ

大好きなハワイへ行ってきました。
 
今回の旅で訪れた観光スポットで一番感動したのが「シャングリラ」。



ホノルル美術館が主催するツアーでなければ行くことが出来ない特別な場所です。
大富豪ドリス・デュークが生涯をかけて集めたイスラム様式の美術品や装飾品を中心に飾られたシャングリラ邸は、とにかくすべてが素晴らしいの一言。



室内は写真撮影不可なので素晴らしさをお伝えできないのが残念ですが、天井や壁一面に広がるアンティークなモザイクタイルや、ランプ類、調度品などなど、どれもがセンス良くイスラム芸術に魅了されてきました。
豪華なダイニングルームのラナイからは真っ青な海とダイヤモンドヘッドが一望出来ました。



まだまだ日本人にはメジャーでないかもしれませんが、週に2回だけ日本語のツアーが設定されています。
1回12名限定で常に満員だそうですので、ぜひ早目の予約をお勧めします!
 
今回はちょうどハワイ沖にザトウクジラがやってくるシーズンでしたのでホエールウォッチングのクルーズも初体験してきました。



クジラは冬になると繁殖や出産のためにアラスカからから暖かいハワイへやってくるそうです。
普段はディナークルーズにも使用される大きな船に乗船していざ出発。
かなり沖に出ないと遭遇出来ないのでは?と思っていたのですが、出港してすぐにクジラが出現!!
潮吹きや尾びれ、2頭(もしかして親子?)が並走して泳ぐ様子などを見る事が出来て想像以上に大興奮してしまいました。


※皆様に写真でこの迫力をお伝えしたかったのですが、私の撮影テクニックの低さが悔やまれます。。。

船内ではレイメイキングやフラレッスン、ウクレレレッスンなどのプログラムもあり飽きることなく楽しめます。ぜひ冬のシーズンにハワイへ行かれる場合にはホエールウォッチングにチャレンジしてみて下さいね。



 また、最近注目を集めつつあるのが「カカアコ」地区。現在開発が進められている街なのですが、アートの街としても話題で街の壁のいたるところにアートが描かれたりもしています。そんなカカアコでおすすめなレストランが「Honolulu Beer Works」。



なんとこのレストランではビールの醸造所を併設していて、出来立ての地ビールが堪能出来てしまうのです!常時10種類ほどのビールが用意されていて、日替わりのビールもあるそうなので色々試したくなってしまいそうですね。私たちはランチタイムの訪問だったのですが、サラダやサンドウィッチなどお食事類もとても美味しかったです。
 
そして、今回の滞在ではついに憧れの「ザ・カハラ」に宿泊してしまいました!
ダイヤモンドヘッドの裏側にある閑静な高級住宅地カハラ地区にあり、ワイキキからは車で15分ほどの距離。
ロビーでは爽やかなハワイの風と豪華なシャンデリアがお出迎えしてくれます。



カハラではラナイは一部屋おきにしか設置されていません。ラナイで隣の部屋の人がすぐ横にいたらあまりくつろげませんよね。これもプライベート感を大切にしたカハラならではのこだわりです。



お部屋は広々としたエレガントな雰囲気で、最近全室シモンズ社製のベッドに変わったそうです。



深いバスタブやダブルシンクも女性には嬉しいポイントです。
朝食で人気のプルメリアビーチハウスではオリジナルのカハラサダや薄焼きパンケーキも堪能。
お部屋もレストランも人の少ないビーチも本当に優雅な気分が味わえます。



オアフ島にいながら、まるで離島にいるようなリゾート感とプライベート感が満喫出来ました。
 
何度行っても楽しめるハワイはやっぱり魅力的なところです!

小塚 晃子
2014.10.14 Tuesday

家族で過ごすハワイ

家族旅行でハワイはオアフ島に行ってきました!
今回の過ごし方は、レンタカーを借りて、自分たちのペースでゆっくりと島を一周しました。
 
 
【モアナルアガーデン】
 
この木なんの木で有名なモアナルアガーデンでは、芝生に座って、スーパーで買った、サンドイッチやスパムむすびをほおばる ととっても気持ちいいです!
 
 
【アウラニリゾート】
  
ハワイ・オアフ島の西海岸コオリナにある「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」。
テーマパークに隣接しない純粋なリゾートホテルです。宿泊するも良し、キャラクターブレックファーストでミッキーと思い出も作るも良しです。
 
 
 
【カフクシュリンプ】
 
オアフ島を北上して、ノースショアに行った際にお勧めしたいのが、ガーリックシュリンプの元祖的存在のジョバンニです。
元祖だけに一度は食べて頂きたいお店です!
 
 
【ダイアモンドヘッドからの景色】
  
ダイヤモンドヘッドは登山口から山頂までは片道1.1km、大人で30分くらいの距離です。天気が良いと喉が渇くので、お水は持参することをお勧めします。
頂上からは美しい、ワイキキの街並みが見渡せます。
 
 
【スターオブホノルル】
  
スターオブホノルル号はカップルや家族に評判のハワイ人気No1のディナークルーズ。
高いホスピタリティーとエンターテイメントショーが自慢で、船からのサンセットや夜景の眺めは格別です。
 
 
【子どもと私】
 
 
【スターオブホノルル船内】
 
 
最後に宿泊はやっぱり、景色を約束できるワイキキサンセットをお勧めします。
この美しい夜景を見て、心地よい風を感じながら、恋人や家族、仲間と過ごす旅は、素敵な思い出になる事間違いなしです。


 【ワイキキサンセットからの夜景】

ハワイに行きたくなったら、ハワイ専門セクションのハワイアンエイトにお問い合わせ下さい。

後藤 寛
 
 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM