JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
<< 卒業旅行第2弾 ニューカレドニア旅行 | main | タイ訪問記 >>
2015.03.24 Tuesday

モルディブ研修旅行

モルティブは、今が旬!ベストシーズン(乾季)の気候は空気もさわやかで穏やかな天気です。
気温は毎日30℃以上で南国リゾートを満喫するには最適です!
 
今回は成田発のコロンボ(スリランカ)経由のスリランカ航空で行ってきました。
コロンボでも乗り継ぎも円滑でスムーズにマーレへアクセスできます。
 
マーレ到着後はリゾートの場所により、移動手段が異なりますが、
最初の滞在ホテル「オルヴェリ・ビーチ&スパ・リゾート」へはスピードボートにて約50分。



ボートでのリゾート移動は初めてで空港から期待がふくらみます。
 
到着は深夜のため、風景は明日の朝のお楽しみ。
チェックイン&リゾートの説明は手短にお部屋へ。
滞在した部屋は「ジャグジー付き水上ヴィラ」!モルティブといえば、やはり一度は泊まりたい!



一棟独立型の水上ヴィラ。サンデッキより直接海へ降りられる階段があり、気軽にスノーケルなどを楽しめます。
リゾート周辺の波が穏やかで浅いエリアのハウスリーフが充実しているため、ヴィラの下には潜らなくても魚が見られるほど美しい海が広がります。



食事はブッフェスタイルのレストランが基本ダイニングとなります。
朝食、昼食の内容が違うのはもちろん、ディナーは「本日はイタリアン」「明日はスパニッシュ」など日替わりでテーマが設けられています。リゾート内の食事は非常に重要ですので、毎日が楽しみになります。


 
到着日翌日の10時よりリゾートでの過ごし方のオリエンテーションがあります。
リゾート内の位置関係はもちろん、ダイビングやスパ、レクリエーション(卓球やテニス、バドミントン)、マリンスポーツ(ジェットスキー、イルカウォッチング、ウィンドサーフィン、ウェイクボード)など、リゾートでのお勧めの過ごし方を提案してくれます。もちろん日本語による説明です。


このリゾートには、日本人スタッフが3名おりますので、海外が初めての方や英語が話せなくて不安という方にもお勧めです。フロントに1人、ダイビングセンターに1人、アクテビティセンターに1人と要所要所で日本語で丁寧な案内・説明を受けられるので安心して滞在できます。オルヴェリ・リゾートの特徴としてハウスリーフが充実しています。
熱帯魚だけでなくカメやマンタが高確率で見られます。また、ダイビングをしてみるとよく分かりますが、ここに生息している海洋生物は、オルヴェリのハウスリーフで生まれ育っているため、住み着いています。ここに住む人間も刺激したりすることなく、保護しているので、警戒心もなく逃げないので間近で観察することができます。ここまで近づけることはとても珍しいと思います。
リゾートの広さも広過ぎず、のんびりマイペースで滞在できます。


 
次の宿泊リゾートは「ザ・サン・シャム・イルフシ・モルディブ」です。
マーレ国際空港より水上飛行機の発着場へ移動し、マーレから水上飛行機にて45分でリゾートへ。
水上飛行機の発着場には、リゾート専用のラウンジがあり出発までゆっくりしながら待つことができます。


 
このリゾートは旧ヒルトン・モルディブ・イルフシ・モルディブが地元のザ・サン・シャム・リゾートへ生まれ変わり、レストランやバーなどの施設面、スタッフのホスピタリティなどパワーアップして再スタートしました。
島の面積は52haと大きく2つのプール、レクリエーションセンター、キッズクラブ、クリニック、20室もの一戸独立型のスパ、バーとレストランは合計13個もあるモルディブでも最大級のリゾートです。




 
このリゾートの最大の特徴は日本人が大変少ない(私の滞在中には一度も会いませんでした)ことです。中国や韓国など、その他のアジア圏よりのトラベラーも少なく、海外に来たことを特に実感します。リゾートスタッフに聞くと、イギリスやロシアよりのお客さんが多いそうです。また、カップルはもちろんですが家族連れが大変多いことも大変驚いたことの1つです。
モルディブ=カップルというイメージでしたが、キッズクラブやファミリープールなどの施設が充実していて過去にベストファミリー向けリゾートとして賞をもらったこともあるそうです。家族の時間を大切にする欧米の顧客に好評なのも納得できます。


 
リゾート内には家族だけでなく、カップルやリタイヤ後の夫婦など幅広い客層が楽しめる設備がたくさんあります。
例えば客室にはジャグジー機能付きのバスタブや、完全にプライバシーが守られた客室設計など、ゆっくりと静かに過ごしたい方にお勧めです。広い島内を散歩したり、ビーチでのんびり過ごしたりと好きなように滞在可能です。


 
オルベリリゾート同様、レクリエーションやマリンスポーツが充実していることやレストランやバーだけでも13もあることで、毎日選ぶ楽しさが加わり、さらにリゾートでの滞在が素敵なものになります。
 
過ごし方や滞在したい島の雰囲気(大きさ)で自分に合ったリゾートを選ぶのも旅行が楽しくなる大切な要因かと思います。
モルディブのリゾート選びに迷ったら是非一度ご相談下さい。


 
コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM