JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
<< 杭州・上海 現地視察記 | main | 女子流ハワイの楽しみ方 >>
2013.06.18 Tuesday

ペルーは秘境ではない

日本人人気No.1の世界遺産 マチュピチュや地上絵のあるナスカ高原は、秘境のイメージがありますが、行ってみると国を挙げての観光地として、観光客がスムーズに遺跡にたどりつけるようなインフラが整備されています。
マチュピチュ遺跡には、名古屋からデルタ航空で成田、アトランタ経由で待ち時間も入れて24時間ほどです。1日で行ければ遠くないというのが私の持論です。飛行機の中で寝る時間、読書の時間、映画を見る時間と計画的に時間配分すると、あっという間にペルーの首都リマに到着です。
リマで1泊、そこから飛行機で1時間の高度3400mのインカ帝国の首都クスコへ入り、バスと列車を乗り継ぎ3時間半でマチュピチュ村に到着です。その間の列車は、普通の列車以外に高級レストラン仕上げの列車があり、フルコース食事とワインを飲みながら、車窓に広がるアンデスの峰々を眺めているとマチュピチュ村に到着します。



■高級列車内



■アンデスの峰々

そこから5分おきにでるBUSが遺跡まで運んでくれます。



■マチュピチュ遺跡

遺跡を3時間ほど堪能した後同じルートでクスコに帰ります。大変スムーズな流れです。
ナスカ高原も、リマからバスでパンアメリカハイウエーで3時間半ほど走りピスコの飛行場から12名乗りの新型飛行機でナスカ高原まで飛び空中から20分ほど地上絵を観察します。



■パンアメリカハイウエー



■ナスカの地上絵

これもスムーズな行程管理でした。ゆえにペルーは行きさえすれば簡単に長年の夢が叶う場所です。
 
西 智彦
コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM