JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
2019.03.04 Monday

マレーシアの新名所!天空の鏡『スカイミラー』をご覧あれ!!

ボリビアの「ウユニ塩湖」をご存じですか?
雨季(11〜3月)になると塩湖に水が溜まり、まるで水面が鏡の様になります。
そこで写真を撮ると、上下対称の幻想的な写真となる絶景の観光地です。

ただ、上記でも述べたように上下対称の水鏡となるのは雨季限定であること、

さらに約24時間かけて地球の裏側(南米のボリビア)まで行く必要があること、
そのため日数は最低7日間、旅行代金もざっと約70万円という条件となります。

そして今回訪れた『スカイミラー』。
近年マレーシアにおいて観光客が飛躍的に伸びている新名所。
海のど真ん中にあり、新月と満月の干潮時のみ出現する奇跡の場所です!

海のど真ん中に忽然と現れる浅瀬で撮影するため、背景に障害物が映らず、非常に美しい写真が撮れる場所としてSNSより人気に火が付きました!

ここからはスカイミラーで撮影した珠玉の写真をご覧あれ!!

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?
水面が鏡の様になり、トリックアートや美しい写真を撮ることが出来ます。

ここで実体験した私からのアドバイス!


1、ポーズや構図は事前に考えておくと良いです。
現地では限られた時間の中で写真撮影を行います。
ポーズや構図に悩んでいると、納得がいかないまま終わってしまいますよ!

 

2、撮影に使う小物を持参しましょう。
現地ではありがたいことに小物まで用意してくれます。
(必ずあるとは限りませんが)恐竜やドラえもんの人形、カラフルな傘や風車、スカイミラーのロゴ入りボードなど、写真映えするものは様々あります。

 


でも、それは全ての方に言えること。同じような写真になるのは否めません。
それなら自分で小物を持参して撮ってみてはいかがでしょうか?
オリジナルの写真になること間違いないですよ!

 

3、写真映えするカラフルな服装で行くこと。
スカイミラーは海のど真ん中で写真を撮ります。
場所的に周りの色が空や海の青と雲の白になりがちです。
そのため赤や黄色など原色に近い服を着ていく方が、後々写真映えします。

現地で感じたこととしてはこんなところでしょうか。
是非参考にしてみてください!

 

そしてウユニ塩湖との最大の違いは・・・何といってもその手軽さ!!
スカイミラーに雨季や乾季といった時期を合わせる必要は全くございません。
干潮のタイミングを合わせれば1年を通していつでも見ることが可能です。

スカイミラーはアクセスも非常に便利!
クアラルンプールから陸路で1時間、そこから船で40分で着いてしまいます。
1日がかりのウユニ塩湖に比べれば、非常に便利だと思いませんか!?

名古屋からクアラルンプールまではシンガポールか香港経由で行けますし、成田や関空であればマレーシア航空の直行便もございます。
そのため日数も4日間あれば十分!長期休暇が取れなくても大丈夫です。

最後に料金はスカイミラーの料金を合わせても約7〜10万円。
アクセスの手軽さもさることながら、お値段も大変お財布に優しいサイズ。

未だ日本での知名度は低いので、今のうちに行っておくのがオススメです!
スカイミラー、是非気になる方はご相談ください。

 


鳶田 佳祐

2019.01.07 Monday

年末年始はマレーシアへ!

半袖で十分過ごせるアジアでホテル滞在を満喫してきました。
名古屋からマレーシアは直行便が無い為、ベトナム航空でホーチミンを経由し、クアラルンプールへ向かいます。
 

 
空港到着後はKLIAエクスプレスでKLセントラル駅まで。空港から直結&所要時間30分はとても便利です。
 

 
夕刻着だったので、KLセントラル駅直結のヒルトンクアラルンプールに宿泊しました。
ヒルトンクアラルンプールとプールはルメリディアンと共用の為、とても広いのです!
ホテルのプールも満喫したい!ナイトプールを楽しみたい!という方にぜひおすすめです。
 

 

 
クアラルンプールと言えば、5つ星ホテルがお値打ちに宿泊できることでも有名です。
 
今回はヒルトンとリッツカールトンに宿泊してきました。
憧れのリッツカールトンも手が届くのが嬉しいですね。
クラブラウンジ利用プランにするとドリンクサービスはもちろんアフタヌーンティーも楽しむことができます。
 

 

 
市内観光はもちろん、マラッカや郊外のモスク、バトゥ石窟寺院にも足を運んできました。
 

 

 

 
そしてカウントダウンは光輝くペトロナスツインタワーの下で。
 

 

 
4泊6日のクアラルンプール旅行でしたが、もっと滞在したかった!というくらい、観光やショッピングなど見どころが多い都市でした。
そして治安も食事も◎、日本人のロングステイランキング1位に長年輝いているのも大いに納得です。
リッチなホテル滞在旅ならマレーシア、本当におすすめです!(^^)

 


 【クアラルンプールの屋台街 アロー通りにて】
 
藤原 里穂
 
 

2017.01.20 Friday

のんびり、ゆっくりマレーシア!

マレーシアのクアラルンプールで年越しをしました!暖かいマレーシアでのんびり年末を過ごす!を目的に行ってきました。

何よりも素晴らしいのが、物価の安さです。年末に五つ星のホテルに1室2万円弱で過ごすことができます。

今回滞在したシャングリラホテル・クアラルンプールは市の中心にありながら、緑の生い茂る庭園を有するラグジュアリーホテルです。

 

 

 

徒歩圏内に観光名所のペトロナスツインタワー、大型ショッピングモール『スリアKLCC』があります。

お部屋もスイートは70屬魃曚─⇔派な書斎も完備されており、仕事をすることもできます。

絶対お勧めのホテルです!ゆっくり、のんびり東南アジアのリゾートを楽しみたい方は、後藤までお問合せ下さい!

 

 

後藤 寛

 

2016.03.11 Friday

マレーシア視察旅行

ペナン、クアラルンプールと、マレーシアを視察してきました。
多民族国家のお手本とも言うべき、中国、マレー、インドの人々の文化がミックスされた真の異文化交流ができる国、何より多くの人々が英語を話すため、旅行しやすい国!
今後さらに重要になってくるアジアを中心としたビジネスにおいて、さらに注目すべき国だと思いました。

 

世界遺産地区ジョージタウンは、旧くて新しいエキゾチックタウン。数々のユニークな壁画、ワイヤーアートがさりげなく点在しており、それらを見ながら自転車で周るのがスマートな方法です。日中は35度の暑さなので、夕方散歩がてら出かけるのがお勧めです。







また、マレーシアは屋台天国!! 150円くらいでクオリティの高い麺、焼飯、カレーなど… 様々なエスニック料理を楽しめます。
 




クアラルンプールは想像以上に発展したコスモポリタン。
世界第7位、452mのペトロナスタワーがそびえ立つ姿はマレーシアの発展を象徴するかのようでした。


 
色々なアジア諸国を旅しましたが、これほど治安がよく、人々が親切、食事がウマくて、英語が通じて、物価が安い。気候が名古屋の夏と同じくらい暑いのとタバコ吸う人が多いことを除けば、こんなに良い場所は他にはないのでは…
 
マレーシア… 是非また再訪したい国です。

鰐部 克也
2015.08.28 Friday

大都会と大自然が同居する国『マレーシア』

8月20日(木)、仕事後にセントレアへ。
今年の3月末より就航したタイ国際航空の深夜便(00:30)を利用して、タイのバンコクを乗り継ぎマレーシアに行ってきました!
最初の都市はマレーシアの経済の中心である『クアラルンプール』。
クアラルンプール最大の見どころは、何と言ってもペトロナスツインタワー。
クアラルンプール市内を見下ろすようにそびえ建つ2つのタワーは高さ452mを誇ります!



1998年に完成した超高層ビルで、二本のビルが対になっている(ツイン)タワーとしては世界一の高さを誇ります。

マレーシアはイスラム教が主な宗教となっているため、街の各地にモスク(いわゆるお寺)が点在しています。クアラルンプールのオールドタウンにある国立モスクは、その中でも最大級の大きさを誇り、モスク内にある美しく大きな礼拝堂はイスラム教徒しか入ることが出来ない神聖な場所として市民から愛されています。



入場する際の格好には大きな制限があり、特に女性は肌と髪を隠すため紫色のローブを着て入場しなければいけません。(モスク入口にて無料貸し出しあり)

現在クアラルンプールには4つの鉄道が走っており、空港〜市内を繋ぐKLIAトランジットorエクスプレス、クアラルンプールの街を南北に貫くKTMコミューター、街の東側と東西を貫くラピッドKL、市内の最も栄えたブキッ・ビンタンを通るKLモノレールが市民の移動を支えています。
その中で最も多くの路線が集まるKLセントラル駅。ここから北へ200km(距離目安:名古屋〜神戸)、列車に約2時間30分揺られて『イポー』へ。
イポーは人口の7割が中国系ということもあり、クアラルンプールとはひと味違った滞在ができます。
また、イポー(及び後述のペナン)は美食の街としても知られ、多くの名物料理があります。
今回はその中でも2つに絞ってご紹介。
1つ目はもやしチキン。あれっ?日本にも普通にありそうじゃん!と思いがちですが、やはり味付けは中華をベースにしたイポー特有の味。ピリッと辛めのソースに付け込んだチキンと、肉厚シャキシャキのあっさりもやしを同時に食べるのがイポー流。チキンの骨は皿に残すべからず。テーブルの上にそのまま残すのもイポー流。



そして2つ目はラム・フォン・ビスケット。サクサクなパイの中にカヤ(ココナッツミルクと卵で出来たペースト状のスプレット)がギッシリと詰まったイポー産のスイーツです。



とても美味しかったのでお土産にも買って帰りました!

そして最後の街ペナンへ・・・とその前に!
イポーとペナンの途中にあるオランウータン島へ立ち寄り。
このオランウータン島は湖の中(畔からボートで約10分)にあり、絶滅危惧種に指定されているオランウータンをより自然に近い形で見ることが出来る保護施設として建てられています。
島に着くとアーチ型の柵をルート通りに進んでいきます。
その周りには無数のオランウータンたちが自由気ままにのんびり&アクティブに活動中!
オランウータンにとっても人間は珍しいようで、我々が檻の前に立つと向こう側ではオランウータンが檻の前でこちらを見てきます。まるでどっちが観察をしているのか分からなくなってしまうほど・・・。
それもそのはず、人間とオランウータンはDNAが97%同じというから驚きです。



3%違うとは言えこんなに変わるものなのか・・・!?

さて、最後の都市はビーチリゾート『ペナン島』。
ただ、このビーチリゾートというイメージは今回の滞在で覆されました。
アートリゾート『ペナン島』。そう、ペナン島はアートの街でもありました!
ペナン島北東部にあるジョージタウンは、ユネスコ世界文化遺産にも登録されており、街中には多くのワイヤー(針金)アートと壁に描かれたイラストが至る所で見ることが出来ます。その数52ヶ所!!
これは2012年にリトアニア出身のアーティスト(アーネスト・ザハレヴィック)が描いたことから始まりました。





是非ペナン島を訪れた際はジョージタウンでアート探しをしてみてください!

今回初めてのマレーシア訪問でしたが、クアラルンプールの発展ぶりに驚き、少し離れると広大に広がる大自然に驚き、オランウータンの軽快な動きに驚き、ペナン島のアートに驚き・・・。
新たな発見で驚かされることの多い旅となりました。

大都会と大自然が同居する国『マレーシア』・・・是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?



鳶田 佳祐
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM