JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
2019.01.04 Friday

遺跡だけではない!カンボジア・シェムリアップの魅力!

年末は暖かいカンボジアで年を越しました。 名古屋からは、ベトナム航空で乗継シャムリアップへ! 年末という事もあり、最新機材のエアバスの350で快適なフライトが楽しめます!

 

 

終日アンコール遺跡群を観光です。 最初に『お寺の町』を意味するアンコール最大の遺跡、アンコールワットへ。 その姿は圧巻で、敷地は南北約1.3km、東西約1.5km、幅約200mの塀で囲まれています。 寺院各所に刻まれているアプサラや女神たちの浮き彫りにも注目です。

 

 

 

 

次に訪れたのが、『大きな街』を意味するアンコールトム。約3kmの塀と高さ約8mの城壁で囲まれいて、外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門とつながっています。南大門へと続く道の両側には蛇神ナーガと阿修羅の像が立ち並びます。


 

宇宙の中心と呼ばれるアンコールトム内バイヨンでは独特な存在感を放つ建築物をご覧いただけます。観音菩薩が4つの面に掘られた4面仏、クメールの微笑みは寺院全体で100以上存在するのだとか。

 

 

 

遺跡がガジュマルの根やスポアン(榕樹)に覆われる姿が神秘的なタプローム。メンテナンスは行われていますが、発見当時のまま残されている自然の芸術です。

 

 

 

サンセット鑑賞の名所としても有名なプノンバケン。ゾウのタクシーで山の頂まで上がることも可能です。

 

 

 

とても1日では回り切れない、アンコール遺跡群ですが、専用車と日本語ガイドの方をお願いすることで、 とても効率よく観光を楽しめます。

 

 

もちろんシェムリアップの街もとても魅力的で、なかでもオールドマーケットはその名のとおり、その古い市場には、 トロピカルフルーツや野菜などの生鮮食品のほか、日用品、雑貨、それから食堂や美容院まであります。 地元の雰囲気をたっぷり味わいたい方にはお勧めです! 遺跡に、魅力的な街と見どころが尽きないカンボジアのシェムリアップへの旅は後藤までご相談下さい。

 

後藤 寛

2015.01.13 Tuesday

アンコールワットとハロン湾

行ってきました、アジア世界遺産めぐり!


【気球から見たアンコールワット】

天気にも恵まれて大満足の旅になりました。シェムリアップ+ハノイ、断然おすすめのゴールデンルートです。

特におすすめは「ベンメリア」、シェムリアップの街からやや遠く片道一時間以上かかるため、短いツアーには含まれていないことが多い遺跡ですが、時間が限られている方はアンコール遺跡観光を1日やめても行く価値ありです。




【ベンメリア遺跡1】

この遺跡は修復工事を行っていません。遺跡は老朽化と生えてきた自然の木々によって崩されました。石の間から生えてきた樹齢何百年の大木は石と絡 み合ってもの凄い生命力を感じます。木々の根は石の上にしっかりまたがり幹は石を蔦って生えています。木の葉は青々としていて大きなパワーをもらえる場所 でした。
ここまで行く道中ではのどかな田園風景と、電気も水道も通っていない田舎の人たちの暮らしを見ることができます。シェムリアップはバイクやトゥクトゥクや車の騒がしさに大変驚かされますが田舎のほうはまだ水牛でゆったりと農作物を運んでいるのどかな風景です。


【ベンメリア遺跡2】

それとカンボジアに行ったらぜひ1度はトゥクトゥクに乗ってみてください。お客さんを乗せているとは思えない手荒な運転、クラクションを響かせな がら舗装されていないデコボコ道を猛スピードで砂煙をあげて爆走します。なぜそこまで急ぐのか?意味がわからず、しっかり掴まっていないと振り落とされそ うな恐怖感の中でおかしくて笑えてきました。
移動手段というよりちょっとしたアトラクションでした。
トゥクトゥクを終日チャーターして遺跡をまわろううと考えている方はマスクとゴーグルの準備をお忘れなく。

ハロン湾はベトナム随一の世界遺産、中国の桂林の水墨画のようなどんよりした景色を想像していたのですが、この日は快晴、青空に奇岩のニョキニョ キが映えてとてもきれいでした。


【ハロン湾】

船の上は気持ち良く、ガイドブックやテレビからはまったく伝わって来なかった良さがそこにはありました!
ハロン湾に沈む夕日にも大感激。


【ハロン湾夕景】

ハノイから同じバスで行った国際色豊かな仲間たちも素晴らしかったです。
ハロン湾の良さは残念ながら写真では伝えることができそうもありません。皆さんも実際に行ってこのクルーズを体験してみてください!


【野菜フォー】 


【ハノイ定番ブンチャ】

鈴木 由美子
2014.03.24 Monday

Gアドベンチャー

3月2日〜11日に現地発着バスツアーのGアドベンチャーに参加しました!私が参加した「カンボジア・オン・ア・シューストリング」というツアーは、タイ・バンコクを出発してカンボジアを巡り、ベトナム・ホーチミンまで行く10日間のツアーです。私以外に、イギリス・アイルランド・アイスランド・ノルウェー・フィンランドから15名が参加しました。


■集合場所であるバンコク・セントラル・ホテル


■ロビーのボードにてミーティング時間の確認


■ミーティング後にタイ料理を満喫!


■早朝ホテルを出発し、カンボジアへ

ツアーリーダーは現地語を話す必要があるので、タイ、カンボジア、ベトナム出身のツアーリーダーが多いそうです。ちなみに私のツアーリーダーはタイ人でした。経験豊富な彼は国の情報や、現地語での簡単なあいさつや、ツアー情報など、いつも丁寧に教えてくれました。



このツアーにはアンコールワット観光が含まれています。5時前に起きてメンバーと一緒に見たアンコールワットでの日の出は最高でした。早朝にも関わらず、周りには多くの観光客が。さすがアンコールワット。




■アンコールワット以外にも寺院を2つ訪れました

また、メンバーとオプショナルツアーに参加するのも楽しみの1つです!同じ体験をすることで仲がどんどん深まります。素敵な体験ができました!


■プノンペン・S21収容所


■プノンペン・キリングフィールド



■シアヌークビル・離島へのボートツアー


■ホーチミン・クチトンネルツアー

ベトナム入りした夜には村でホームステイを体験しました!ここでの夕食は絶品!そして静かな村での一晩、朝はニワトリの鳴き声で起きるこの村での時間はとても素敵なものでした。



ホーチミンではメンバーとの別れが。10日間寝食を共にし、感動体験を共にしたメンバーとの別れは、とてもつらいものでした。この旅で素敵な仲間に出会い、様々な世界を見ることができました。よりローカルのような旅を目指すGアドベンチャーならではだと思います。少人数のツアーだからこそ、より仲良く、より深く関われる。Gアドベンチャーはかけがえのない思い出ができるオススメのツアーです!



坂田 智哉
 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM