JST スタッフ 海外研修報告

JST【トップページ】に戻る                    
2017.05.22 Monday

一度は行ってほしいパラオ

5日間パラオ研修へ行ってきました!
美しすぎる透明度の高い海!綺麗すぎる海からパラオは遠い楽園というイメージが持たれがちですが、直行便で行けばパラオは約4時間半。名古屋からだとグアム乗り継ぎで約8時間で行くことができます!
日本との時差もなく、年間気温は27度程度です。
ただ、パラオは紫外線が非常に強く、日本の10倍ほどなので、日焼け止めは必需品ですよ!

パラオの魅力をお伝えしていきます!



パラオへ行った際は必ず体験してほしいロックアイランドツアー。


 


海底に沈殿した泥は美白効果抜群。泥パックを全身に塗って肌に潤いを♪


ビーチ写真


その後はテレビや雑誌の撮影地でも一躍有名になったロングビーチへ!
潮が引いたら海の上にスッと現れる真っ白な砂の道はまるで海の上を歩いているようです。


シュノーケル


色鮮やかな魚を沢山見れるシュノーケリング。海の世界へ引き込まれます♪

その他大人気なのがイルカと触れ合えるドルフィンズパシフィック!
イルカについて理解を深めた後、イルカと触れ合ったり一緒に泳ぐこともできます。


 

パラオの魅力は海だけではない!
「ガラツマオの滝」幅、高さが30m級のパラオ最大の滝!
滝に行く途中のジャングルトレッキングも楽しく、滝でマイナスイオンを沢山浴びれます。



 

パラオは一年のうちに何度も遊びに行くリピーターがとても多い国です。
青く、透明度の高いパラオの海を見ればついついリピーターになってしまうこと間違いなし!
人生の一度は美しすぎるパラオへ旅行に行ってみてはいかがでしょうか?

 

二村 香帆

2016.07.07 Thursday

気軽に行けるリゾート グアム

日本から飛行機で3時間半のフライトで行けるグアム!!
日本との時差も1時間で乾季と雨季はありますが年間を通しても温度変化は少ないトロピカルアイランド!

学生の旅行・長期休みに行く家族旅行・3世代でも気軽に行ける旅行にグアムは選ばれています。
グアムの海は透明度も高くマリンスポーツやゴルフ・トレッキングなど、楽しめるアクティビティも豊富にあり、中心のタモン地区ではレストラン・ショッピング・エンターテイメントも楽しめます。


今回人気の観光地からマリンスポーツ、人気ホテルを視察してきました。
いくつかご紹介したいと思います。


◆グアム恋人岬

スペイン統治時代に、チャモロの美しい娘が、結婚を迫るスペイン人総督から逃れ、チャモロ人の恋人と永遠の愛を誓い、紙を結びあってこの岬から身を投げた、という悲恋伝説からこの名が付けられました。
また、ツーリストが掛けた数個のハート形の鍵から始まり、今では世界中の人たちによる数千個の鍵が掛けられています。

中心地から車で10分ほどで訪れることができる人気観光地で、シャトルバスでも気軽に恋人岬まで行けます。

 


タモン湾の北の端にあるので美しい景色を観ることができます。

 


ハート型のカードにメッセージをひとつのロックに思いを込めます。

 

◆年に1度のBBQ

2013年から始まった「グアムBBQブロックパーティー」は、グアムに継承されてきた郷土料理の伝統とハファデイのおもてなし精神を祝う究極のイベント。BBQは日常食であると同時に、グアムの伝統食であり年に1度プレジャーアイランド通りが地元ミュージシャンのパフォーマンスやBBQの香ばしい匂いで賑わいます。

 

 


20以上のブースがあるので美味しいものを食べて楽しめます!

 

◆マリンスポーツも人気です

 


パラセーリング!グアムの海・景色が見渡せます。

 


ビーチでのんびりすごすのもお勧めです!

 

◆中心地で人気なアウトリガーホテル
買い物にも便利なベストロケーション

 


客室は全室オーシャンビュー

 

グルメ・買い物・海でのアクティビティー・ディナーショーなどグアムでの滞在の仕方は沢山あります。
価格も気になるし、ホテルも多くどのホテルに滞在したらいいか迷われている方など、オススメのホテルをご紹介します!ぜひお気軽にご相談ください。

 

二村 香帆

2015.07.17 Friday

母娘 グアム旅

ハーファデイ!
グアムへ母娘旅へ行ってきました!南国グアムに癒されました〜。
 


チャモロ料理で有名なプロア!スペアリブをこんなにがっつり!笑
 


イルカも見ました!パラセーリングも超楽しい〜!飛行機もこんなに近くに!!




 
グアムのスーパーマーケットではカゴがこんなに大きくて可愛い!三人で雑誌Cheekのハワイ特集に見立てて遊んできました! 笑


 
アメリカンな肉も堪能!!
 


最後はポリネシアンディナーショーでタヒチアンダンスやファイヤーダンスを楽しみました!




 
やっぱりグアムは楽しい!!また来ます!!



森下 紗千子
2014.10.21 Tuesday

お客様結婚お祝いツアー添乗

今回、仲のいいお客さんの結婚祝いでグアムの添乗に行ってきました。 インドネシアのバリ島以外の国に行くのは2年ぶり!ということで久しぶりに異文化を感じる旅になりました。 ホテルは、日本人にも人気のニッコーグアム! プライベートビーチもあり、スライダー付きのプールなど家族で楽しめる要素がたくさん詰まったホテルで感動しました。





夜には、サンセットを見ながらBBQをし、その後ファイヤーダンスのショーを楽しみました。 みんなが盛り上がる最高な夜になりました。






美味しいグアムには、ハワイに負けずパンケーキ、ステーキ、ハンバーガーなど美味しいものがたくさん揃っています。 楽しみにしていたEGG’S NTHINGSにも行くことができました。 このボリューム想像したいただ以上でした。








空いた時間を活かして、グアムのホテル中をまわり学ぶこともできました。これでグアムのホテルの話はなんでもできそうです!





本当に貴重で幸せな時間、機会をいただき、ありがとうございました!

村瀬 裕介
2014.02.20 Thursday

ホップ de ダイブ9日間 〜5島7ダイブ〜 【ダイビング編】

寒い日本を抜け出して、常夏ミクロネシアの島々を飛行機で飛び回る“アイランドホッピング”&ダイビングライセンス(オープンウォーター)を持っていたため各島で“スキューバダイビング”をしてきました。

題して・・・『ホップ de ダイブ9日間 〜5島7ダイブ〜』

今回は2人で視察してきたので、アイランドホッピング編とダイビング編に分けてご紹介。
アイランドホッピング編はコチラをご覧ください

〜ダイビング編〜
 サイパン
名古屋からグアムを経由し最初の地“サイパン”へ。
サイパンのダイビングと言えば『グロット※1』が有名です。ただ、今回は2人共ブランクがあり、最初はリフレッシュダイビング※2で肩慣らし。
好都合にもサイパンには『ラウラウビーチ』という初心者向けのダイビングポイントがあり、リフレッシュダイビングの他、体験ダイビングにも使われています。ラウラウビーチの特徴として、ダイビングコースに海中でロープが張られているため、初心者やブランクのある方にも非常に潜りやすいポイントになっています。
また、ラウラウビーチでは浅瀬でアジの群れ(通称アジ玉)を比較的高確率で見ることができます。もちろん今回のダイビングでもアジ玉に遭遇!無数のアジが隊をなして様々に形を変えながら泳ぐ光景には、ただただ目を奪われるばかり。アジ玉に突っ込むと、たちまち分裂して別の場所で合流→またアジ玉を作るという徹底ぶり。
アジ玉以外ではタイマイやアオウミガメなどのカメを見ることもできました!



いざ!リフレッシュダイビングへ・・・

※1・・・111段の階段を下りた先にある洞窟の穴から光が差し込み、幻想的な光景を醸し出すサイパンを代表するポイント

※2・・・技術に自信のない方やブランクのある方を対象にしたダイビング

 トラック環礁
グアムから南東へ約2時間。今から約70年前、太平洋戦争にて多くの日本の戦艦や戦闘機が沈められたチューク(トラック諸島)へ。
前述の通り、チューク環礁の海域には多くの戦艦や戦闘機が沈んでおり、中にはほぼ原形をとどめた状態で沈んでいるものも多い。そういった環境と歴史的背景からチューク環礁は“水中博物館”と称され、世界中のダイバーを魅了してやまない。
そんな水中博物館を、今回は『富士川丸※3』へのレックダイブにて鑑賞してみた。
まずはボートで沈んでいる真上のポイントへ。
到着してボートの上から海を眺めると、何があるかまでは特定できないものの、何かが海中にあるというほど、うっすらと影が見えている。早速バックロールエントリー※4にて海の中へ・・・。
海の中へ入った途端ボート上から見ていた光景が一新。まぎれもなく大きな船が沈んでいる!!そこから30m一気に潜降して沈船へ近づき、戦艦を目の前にしたときのスケールの大きさには圧巻の一言。また、戦艦そのままの姿は当時の情景を思い起こさせ、非常に感慨深いものでした。
水深30mで感じる様々な思いに、ダイビングというスポーツの素晴らしさを改めて感動!
是非多くの方にこの感動を伝えたいなと改めて感じたダイビングになりました。
ちなみにチュークは海にも陸にも太平洋戦争の爪痕や残骸が残っており、シュノーケリングでも沈船を見られることでも有名なので、歴史好きな方やダイビングをしない方にもオススメの国だと思いますよ!



沈船に潜ると発行してもらえるダイビングショップ公式の証書

※3・・・1944年のトラック島空襲によって沈められた全長132mの補助艦船で、その状態の良さから映画『タイタニック』の冒頭にも使用された

※4・・・ボートにヘリに座り、ボンベの重みを利用して背面に倒れ込んで入水する方法

 パラオ
チュークの沈船の感動を引きずったまま、今度はダイバーの聖地パラオへ。
パラオは世界のダイバーの憧れの地としても有名で、ダイバーが選ぶランキング企画「ダイブ&トラベル大賞」海外ベストダイブエリア部門で2012年、2013年と2年連続で1位に選ばれており、2011年にはミクロネシア初の世界遺産にも登録された、まさに時の人もとい国といっても過言ではありません。
その理由は何と言ってもパラオという国の地形と環境にあります。パラオは言わば海底に沈むエベレスト以上の山の頂上にあるようなもので、島の周辺は遠浅の海が広がり、少し離れると(山の頂上から斜面にさしかかる様に)突然落ち込む=深くなる(通称『ドロップオフ※5』)。そういった地形には潮の流れが生まれ、小魚から大物の魚が多種多数に生息し、サンゴが群生するというダイバーにとっては恵まれた環境が生まれました。
そのためパラオには『ブルーコーナー※6』や『ブルーホール※7』、『ジャーマンチャネル※8』などの地形を生かしたダイビングポイントが多くあります。
今回の研修では、ウーロン島の近くにある『ウーロンドロップオフ』と『ウーロンチャネル』を潜ってきました!
ウーロンドロップオフではサイパン以来のアジ玉に遭遇!外洋で潜ったためサイパン以上に透明度が高く、よりクリーンなアジ玉を見ることが出来ました。また、初ドロップオフでしたが、海底が全く見えないほどの深さで、リーフが垂直にあるという不思議な感覚に。サメやナポレオンフィッシュなどの大物に多数出会えるのもパラオならでは。
ウーロンチャネルはジャーマンチャネルと違い自然が作り出したチャネル(水路)となっており、チャネルの中には激しい潮の流れが。こういったポイントでは潮の流れに乗って潜るドリフトダイブということで、楽なようでコントロールの難しいダイビングです。



サイパンでも見たアジ玉を再び

※5・・・リーフや岩場が垂直に近い形で深場まで落ちているところ

※6・・・パラオを代表するダイビングスポットで、外洋に面して三角形の棚が突き出し、垂直に落ち込むドロップオフになっているポイント

※7・・・水深1〜3mのリーフに大小4つの穴が空いており、潜降していくと巨大な洞窟に繋がっている。頭上の穴から光が差し込み、淡いブルーが神秘的なパラオ随一のポイント

※8・・・パラオがドイツ統治領だった際に掘削された人工の水路(チャネル)で、高確率でマンタに出会える人気ポイント

 ロタ
今回のダイビング視察最後の地はロタ。
見渡す限りの緑と、海の碧さが非常に美しく、“のどか”という言葉が最も似合う島。
グアムとサイパンの間にあり、グアムからは飛行機で30分程という比較的グアムに近い立地です。
が、グアムやサイパンとは程遠い大自然からなる島で、パラオと同じく島には信号が一つもありません。
さて、本題のダイビングに関して、今回は『セノハンケーブ』と『コーラルガーデン』に潜りました!
セノハンケーブは通称ロタホールと呼ばれ、その名の通り天井に空いた穴から太陽の光が降り注ぐ非常に美しいポイントです。ベストシーズンは太陽が真上にくる4〜9月頃の正午ですが、今回のダイビングでも十分に美しい光のライトが差し込んでいました!
ただ、洞窟内はうねりが非常に強く、コントロールが非常に難しいため、ある程度経験を積んでからのダイビングが望ましいように思います。
そして2本目のコーラルガーデンでは研修最後のサプライズが!!
コーラルガーデンは波もうねりも潮も少ない初心者向けのポイントですが、多種の生物を観察できる絶好のポイントでもあります。まずは潜降していきなりエイがお出迎え。周りをダイバーに囲まれても微動だにせず、とてもサービス精神旺盛なエイには貫禄さえ感じてしまいます。
そしてエキジット※9直前には、なんとオキゴンドウというイルカの様なクジラ(クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科オキゴンドウ属に属するクジラ)を4匹見ることが出来ました!!
これはインストラクターの方でもほとんど目にすることが出来ない貴重な経験で、とても運が良いとのこと。まさにダイビング研修の最後を飾るに相応しい締めくくりとなりました。



2つの色に分かれるロタの海

※9・・・エントリー(入水)の反対で“出水=ダイビングを終えて水から上がること”の意

今回の研修で思ったこととして、まずサイパンで肩慣らし→ロタ&パラオで地形を楽しみながら経験を積む→チュークで沈船を見るという流れを作り、自分たちの見てきたポイントを紹介しつつ、一からダイバーを育てていこうと考えています。
どの島もグアムからユナイテッド航空にて直行で行くことができ、日本からでも短期間でダイビングに行けるミクロネシアの島々、こんな素敵な環境で是非ダイビングをしてみませんか?



ユナイテッド航空でミクロネシアの島々をアイランドホッピング

鳶田 佳祐



 
2014.02.20 Thursday

ホップ de ダイブ9日間 〜5島7ダイブ〜 【アイランドホッピング編】

極寒の日本を抜け出して、ミクロネシアへ行ってきました!
海&ダイビングに関しては鳶田よりレポート致しますので、私は街や過ごし方にフォーカスを当てたいと思います。
 
今回訪れたのは、ミクロネシアの内のグアム、サイパン、ロタ、チューク(トラック諸島)、パラオの5ヶ所です。
 
どの街もそれぞれ魅力に溢れる街ですが、その中でもサイパン、ロタ、チュークにフォーカスしてご紹介したいと思います。
 
サイパンは私自身とても久しぶりだったのですが、海は言うまでもなく美しく(マリアナブルー)、島はコンパクトでどこへ行くにもアクセス便利、戦跡で歴史を感じ、人々は温かくやさしい・・・魅力を再確認致しました。日本人好みの醤油ベースの味付けや、世界各国の味が楽しめるレストラン街もあり、自然と街が見事に調和した印象でした。マリンスポーツやゴルフも満喫できます!ホテルも街歩きやショッピングがしたい方には便利な中心ホテル、少し喧噪から離れてゆっくり過ごしたい方用の郊外のリゾートホテル、家族や仲間で行かれる方には滞在型のホテルなど、豊富などでニーズに合わせて選択できるのもサイパンの魅力です。


 
グアムとサイパンの中間に位置するロタも素敵な島でした。
美しい自然ならいくらでもという雰囲気ののどかな風景が広がっています。
ソンソン村が唯一の繁華街で、そこにはお土産屋さんや日本食レストラン、イタリアンレストランやホテルなどがそろっています。その街の先には、日本人インストラクターが、在籍しているダイビングショップもあり、ロタの海を満喫できます。お勧めのホテルは、ロタリゾート&カントリークラブです。ソンソン村から20分のところにあり、とても静かです。広い敷地内でには、宿泊スペースや、レストラン、バー、プール、ショップのなど充実した設備はもちろん、無料で楽しめるた卓球やビリヤードなど、レクリエーションもあるリゾートです。夜、満点の星空が楽しみたり、静かに落ち着けるのホテルです。
ゆっくり、のんびりしたい方にお勧めのロケーションです。



最後に、トラック諸島のチュークです。ミクロネシア連邦の一つで、美しい環礁に囲まれています。
荷下ろしが盛んな貿易港や地元の果物や特産物などが並ぶ市場など、活気に満ち溢れている印象でした。
島の面積は、小笠原諸島の父島と同じくらいですが、人口密度が高く子供たちが多い印象を受けました。
核家族化し、少子化の日本と違い、親子3世代だけで親戚一同なども一緒に暮らしているので、一家族(家)に10人前後が平均的な人数だそうです。みんな、家族の手助けなどをして、賑やかです。ここチュークには、昔海軍の基地があったこともあり、第二次世界大戦時の歴史に触れ、学ぶことができます。沈船ダイビングで有名なのも、そのためです。
私たちが滞在したブルーラグーン・リゾートも、もとは、旧日本軍の水上飛行機の跡地でした。今現在のチューク空港も旧日本軍の飛行場をそのまま使用しているそうです。
ダイビングスポットは、ほとんどがインリーフ(環礁内)で、スポットに行く途中に、さまざまな島を見ることができます。大勢の日本人が暮らした島やゼロ戦の基地だった島など、今なお、歴史が息づくチュークは、歴史好きの私は、本当に感動致しました。ダイビングだけでなく、戦跡を訪ねて歴史を感じることができる街です。



各街、それぞれの魅力がある方面でしたが、お勧めの過ごし方などご提案致しますので、ぜひミクロネシアファイブまでお問い合わせ下さいませ!


 
2014.01.17 Friday

ファミリーで楽しみ尽くそうグアム!

~ハファディ!!行ってきました年末に家族でリゾートグアムです。
名古屋から3時間30分で行くことができる常夏のリゾートを思いっきり楽しんできました。


 
グアムの魅力は安・近・短!
そして小さいお子さんがいるファミリーも楽しめるアクティビティが盛り沢山です。


 
オススメの過ごし方を紹介します。
 
まずレンタカーをお勧めします!
グアムは田舎なので、交通量も少なく初めての海外ドライブに適しています。
 
レンタカーで島をぐるっと一周巡ることも可能です。
 
スペイン統治時代のヒストリカルエリアであるハガニア、太平洋戦争時の日米激戦地と知られる、アサン、アガット、岬の突端にクマの形をした奇岩ベアロック、南の宝石と呼ばれる天然プールで有名なイナラハン等々、見どころ盛りだくさんです。






 
オプショナルツアーのおすすめは、イルカウォッチングです!
 
JSTおすすめのイルカウォチングは日本人スタッフのきめ細やかなサービスで、イルカ遭遇率98%(2013年)を誇り、グループ、家族や、カップルで盛り上がること間違いなしです!


 
最後に海外のスーパーは楽しいので、是非訪ねてほしいです!
Kマートでしたら、日本では冬場に買う事の難しい水着や、珍しいお菓子、お土産なども購入できます。


 
グアムに行きたくなったら、ハファディ後藤までご連絡下さい!!

後藤 寛
2013.11.15 Friday

パラオ研修記

パラオといえばダイバー天国。
魚の種類も多く、ブルーコーナーやドロップオフなど、魅力溢れるダイビングスポットが満載。
ジャーマンチャネルではエイを見ることだってできるかもしれません。



その透明感は、本当に素晴らしく、私も「地球にはこんなに素敵な場所があるんだ〜」と思いました。
ダイビングライセンスは持っていない人でもご安心ください。
シュノーケリングでもその感動を体験できます!
ロックアイランドの中に突如現れる乳白色の海、ミルキーウェイ!海底に石灰質の泥が沈殿しているためで、この泥は美容効果も抜群と言われています。ということで、全身に!



パラオには世界最大規模のイルカの施設があります。
それがここ、ドルフィンズパシフィック。
ここでは、現在5頭のイルカが飼育されており、イルカの生態についても学べます。
またイルカと握手できたり、イルカが目の前でジャンプしてくれたり、可愛いイルカたちと遊べます。
なんと見るだけでなく一緒に泳ぐことも可能なんです。



パラオの魅力は海だけではありません。
大地の自然も素敵なんです!ここ、ガラツマオの滝はその幅32m、高さ45mで、流れ落ちる水のしぶきは圧巻。
その迫力をぜひ肌で体感していただきたいです。
滝へ向かう途中の道のりも川があったり、岩の道になったりと、まるで森の中を冒険しているみたいで、大人も子供もワクワク楽しめます!



私が最も感動したのが、ロングビーチ!海の透明感抜群!
パラオのシーバードクルーズではディナーも楽しめ、現地パラオ人によるショーも見ることができます。
フィナーレではみんなで歌って踊ってこれであなたもパラワンデビュー!



パラオのビーチで波の音を聞きながらのBBQランチ。
自然に癒さればがらの食事は最高です。



パラオのイチオシホテルがパラオパシフィックリゾート。
アラカベサン島に位置し、静寂でプライベートビーチから眺めるサンセットに思わずうっとり。
癒しのひと時を過ごしていただけます。



森下 紗千子
2013.09.13 Friday

グアム・サイパン研修旅行

グアム4日、サイパン1日計5日間の研修旅行に行ってきました。

グアム・サイパンといえば、やはり「ビーチ」。空港から到着時に見える海の綺麗さに早くも感動!


【タモン地区透き通った青いビーチ】

私自身初めてのミクロネシア訪問で、ドキドキワクワクの旅のスタートとなりました。

今回研修旅行ということで、グアム・サイパンの気になるホテルを見てきましたので、ここで紹介します! グアムオススメのホテルはオンワードビーチリゾート。


【オンワードビーチリゾートのウォーターパーク】

海が一望できるオーシャンビューの部屋と夜景が楽しめるシティビューの部屋はどちらも満足度高!
オンワードは毎朝食付で朝からウキウキ!お昼はウォーターパークで遊んだり、ビーチでのマリンスポーツでも楽しめます。
夜は大人気ポリネシアンディナーショーとグアムをとことん満喫できます♪


【チャモロ族によるディナショーを鑑賞】

家族旅行にも学生旅行にもピッタリです!一番のオススメはデラックスタワー部屋への宿泊。海が見渡せるバスタブで、サンセットを見ながらの入浴はいかがでしょうか?
最高の思い出となること間違いなしです。
お客様のアンケートをもとに常に改善改革をするオンワードビーチリゾート。
お客様とホテルとの距離が大変近い魅力的たっぷりなホテルです。


【イルカウォッチング】



【サンセットが楽しめるレストランザ・ビーチ】

お次はサイパン。サイパンといったら透明度抜群の海。
マニャガハ島へはぜひ一度行っていただきたいです。
また、サイパンでぜひ皆さんに体験していただきたいのが、極上感溢れるリゾートな旅。
忙しい日常から離れ、敢えて何もせず、ビーチを眺めながら本を読む。暑くなったら、ビーチやプールで泳いだり、スパでリラックス。
そんな本格リゾート気分を味わうのにオススメホテルはアクアリゾートクラブ。


【アクアリゾートクラブサイパン】

南国式の創りで、落ち着いた雰囲気。サンセットを見ながらのBBQも楽しめます。
リゾートならではの贅沢なひとときをこのホテルでお約束します。

グアムでは元気に、サイパンでは優雅に!日本から最も近い常夏リゾートで最高な旅を沢山の人にお届けします!
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM